【握手レポ】 本当に可愛いけどほめるの下手な感じ握手

スポンサーリンク

SKE48の6期生青木詩織さんとの握手レポ
@京都パルスプラザ 『Stand by you』

題材握手レポ

青木詩織さん
青木詩織さん

おかえりー

私

やっぱり可愛いね。

青木詩織さん
青木詩織さん

お、ありがとう

私

さっき、あんまり言えてなかったから、本当に可愛いわ

青木詩織さん
青木詩織さん

うん

私

イヤリングも、、、丸と棒でいいね(笑)

青木詩織さん
青木詩織さん

雑(笑)

感想★ 応援 裏話 確認 ヲ話 ネタ

感想

握手会では、1回目の握手で『可愛い』という事を伝える事だけに専念しているんです。しかし、この日は「今日もキマまってる」と曖昧にしてしまったので、B3部の出だしなので、改めて伝えようと思いました。
それだけだと時間も余ってしまうので、先ほどの「キマってる」という事の補足をしようとしました。服装とかそういう部分での感想を述べたかったんですが、自分の語彙力のなさなのか、丸と棒という結果になってしまいました。しかし、その部分はあまり問題ではないでしょう。

それにしても、おしりんの様な耳の小さい女性ってイヤリングとかピアスを付けたがるのは何でなんだろうな?

ステップアップ

可愛さを表現する為にどうするべきか。やっぱり「かわいい」とストレートに伝えるのが最も良いとは思います。
最近、気になってるのは、病気になる系の表現。

「可愛すぎて動悸がやばい」
「可愛すぎて、心臓痛い」

等の表現です。それらを取り入れるのはやってみたいなと思います。

あとは、話す言葉は一緒だとしても、表情等で重みを付けるとか。
歌歌うとかですかね。


では、良い握手を。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました