【握手レポ】赤鬼から青鬼へ【後藤理沙子】

後藤理沙子握手レポ

2015-01-31後藤理沙子握手会レポ②
『赤鬼よりも青鬼』

始めは赤鬼のお面をつけていったんですが、3回目に青鬼のお面に変えて行きました。
握手を始めるのにあたって、お面の角度を微調整しながら、握手をしに行く。

私「お色直ししてきたわ。」
理「変わってるね。」
私「どう?赤よりも青の方がいい?」
理「うん、かっこいい。惚れそう。」(棒読みw)
私「やっぱりそう。」


惚れそうなんてセリフを初めて聞きました。この辺は、いつもと少し対応を変えてたりする部分なのかなとも思いました。予想では、どっちも変わらんとか、元が悪いからどうしようもない。ってのを考えてたんですが、予想外の回答でビックリしたけども、棒読みだったからか、ニヤニヤするというような事もなかったです。

握手ジャンル【ネタ】
ネタ【季節の装飾】
得られた表情【?】
必要信頼度【★☆☆】

握手の感想

お面の鬼の色を青から赤にしたところで、いったいどれくらいの驚きを与えられるともったのだろうか?
出オチからの展開の用意のない握手だと思った。

ステップアップ握手

鬼の色に意味合いを付けて話すのはどうでしょうか?

私「お色直ししてきたわ。」
理「変わってるね。」
私「握手会の時って、最初緊張して顔、頭に血が上っちゃうけど、ちょっと落ち着いてきたかも。
理「お、おん。」

私「いや、豆、反則やわー。もう、すっかり青ざめたわ。」
理「そうだね。」
私「もう一回言うね。ア・オ・ザ・メ・タ。」
理「分かった。」
私「最後に言うね。」

このお面の色直しで何かするの、変化が小さすぎて、難しい。

では、良い握手を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました