北の国からごっこ【握手プラン】

新しい握手のプランを考えましたので、報告いたします。

私「北の国からごっこしよ。あのキツネ呼ぶシーン。るーるるるるるー。一緒に言って。るーるるるるるー。」

?「るーるるるるー。」

私「いいね。キツネ来るかなぁ?あ!来た!ほら、そこ」

待機している後ろの人を指さす。そこで後ろの人は、キツネの被り物をしてツイタテからひょっこりさせ、クーンと鳴く。

私「可愛いねぇ。可愛がってあげなよ。ヨーシヨシしてあげなよ。あと、決して、毛皮をはいじゃダメだよ。」

るーるる顔=キス顔

これは最近の私のトレンドとなっている、キス顔に見える台詞を言ってもらうというジャンルの一つになります。『ふーふー顔』は使い勝手が良くて、よくお願いしていますが、もう全然やってくれません。
そこで、変化球で『るーるる顔』です。これが、『ふーふー顔』と違うのは、後ろにキツネ役が控えてもらっているので、『るーるる』を言うとお茶目なキツネが出てきて、面白そうな展開が始まるぞ、というワクワクが待っているという事。
これにより、キス顔を披露する恥ずかしさとかよりも、後ろの人をキツネ役にして辱めてやろうという気持ちが勝つんじゃないのかな。
そもそもキス顔に似てるという事だけど、普通に『う』行なだけだから、そもそもそんなに恥ずかしいモノではない。

二度おいしい

るーるる役とキツネ役を交換する事で、二度おいしいのがこの握手です。
1粒目。
るーるる役の時は推しのキス顔を近くで堪能できます。
2粒目
キツネ役の時は、ヨーシヨシがやってもらえるかもしれない。推し可愛がってもらえる。『ヨーシヨシヨシヨシ』ってムツゴロウさんみたいにやってもらいたくないですか?
口をペロペロもできちゃうかもしれません。是非、トライしてみたいです。

では、良い握手を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました