『天晴れ!原宿』ワンマン感想inZeppDiverCityTokyo 2019.6.7

アイドル公演感想

こんにちは。
『天晴れ!原宿』ZeppDiverCityTokyoでの
ワンマンライブに行ってきました。
すっごく楽しかったです。
その感想になります。

見ていた場所は
前半は前方中央辺りで見ていました。
後半は後方下手寄りで見ていました。

客層

10~20代男子:55%
30~40代男子:20%
50代以上男子:5%

10~20代女子:15%
30~40代女子:5%
50代以上女子:0% 

(※ワンマン in ZeppDiverCityTokyoでの)

客層の幅が広がった?

やっぱり『天晴れ!原宿』の現場は圧倒的に若いです。
入場待機してる時とかは、なんとなく恥ずかしくて
離れたところで待っていました。

ただ、今回は中央ブロックの両サイドに年配の人とか
スーツ姿のサラリーマンもいました。
女性エリアもいっぱいいました。
そういう人達は跳んだり踊ったりせずおとなしく見ていました。

集客

ZeppDiverCityTokyoへの客の入りは
7割くらいといった感じたと思います。
キャパが2107人なので1400人くらいになりますが
それくらいでした。

気になったのは、後方に500円の『新規・盛り上げ隊』エリア。
そこにお客さんがあまり居なかったことです。
チケットの半券で管理していたので
友達にもらって前方エリアに行った人もいたと思います。

楽しみ方

MIX→多数
ペンライト→20%
メンバーコール→20%
推しジャンプ→70%
リフト→禁止
フリコピ→70%
ツーステ→0%
手拍子→20%

MIX→多数

『可変3連』『チキパMIX』『混沌』等、多数あります。
しかし、スタンダードや日本語は飽きてしまって
サボる傾向はあります。

客層が若いが故のムラですね。

ペンライト→20%

いつものワンマンよりはペンライト使用率は
多かったように思います。
でもペンライト使用率は低いですね。

『天晴れ!原宿』は衣装がしっかりと色分けされてます。
だから、メンバーによって担当色ははっきりとしています。
それなのに、ペンライト文化は定着していません。

公式のペンライトもあるのに。
メンバーも
「ペンライトを振って」
と発信したりしているのに。
『天晴れ!原宿』の不思議な部分です。

今回、一つ気が付いたのは公式ペンライトの光が弱いこと。
公式ペンライトが心細い光なのは
定着しない原因かもしれないなと思いました。

推しジャンプ→70%

ジャンプする光景はよく見ます。
ただ、推しジャンプというよりは
サビでのジャンプの方がよくします。

推しへのアピールというよりは
曲によって突き動かされる衝動を
ジャンプで表現してる感じが強いです。

セットリスト

1.アッパライナ
2.カラフルミラクルディスカバリー
3.ハジマリのアイズ
  MC
4.汽水ガール
5.エンドレスサマー
6.アイネクライネ幼き恋だね
7.センチメンタルプリズム
  MC
8.あっぱれサマーっ!!
  MC
9.超絶スーパーLOVE
10.この先へ!
11.君の眼球ごし救いたまえアイドルよ
  MC
12.パレリラパレリラ
13.アッパレルヤ!!
14.キミだけのワンダーランド
  MC
15.Our Music
16.虹をかけろ!
  MC
~アンコール~
17.幽玄テリトリー
  MC
18.原宿サニーデイ
19.バンチャラ
  MC

印象的な曲

アッパライナ

東名阪ツアーのラストの東京で発表された曲です。
その時は少しいイマイチだなって思っていました。
すごく盛り上がってました。

天晴れ!原宿 全国ツアーファイナル2019 / オープニング演出〜アッパライナ / Zepp DiverCity / 20190607

アイネクライネ幼き恋だね

天晴れ!原宿で、一番好きな曲です。
サビの『チュチュチュ!』って所好きです。
「チョーダイ!チョーダイ!」コールもしたくなりますね。

天晴れ!原宿 全国ツアーファイナル2019 / アイネクライネ幼き恋だね / Zepp DiverCity / 20190607

キミだけのワンダーランド

この曲は横移動がある曲です。
この時は後ろで見てました。
だから、スペースがあったので
移動が大変でしたが、ZeppDiverCityTokyoの会場を
噛みしめられた瞬間でした。

天晴れ!原宿 全国ツアーファイナル2019 / キミだけのワンダーランド / Zepp DiverCity / 20190607

ゆめめこと永堀ゆめについて

今回もステージのゆめめは最高に可愛かったです。
特に印象的だったのは
『Our Music』と『幽玄テリトリー』です。

Our Music

この曲の直前にMCがありました。
歌い出しがゆめめからなんですが
その声が少し震えていて
この曲のエモさを高めていて
心にズドーンと響きました。

天晴れ!原宿 全国ツアーファイナル2019 / Our Music / Zepp DiverCity / 20190607

幽玄テリトリー

アンコールでの披露でした。
振りでゆめめが止まるところがあります。
そこで見せる笑顔はかわいくて
「今日のライブ楽しかったな」
という気持ちを、かみしめて

「アイドルっていいな」
と思わされました。

天晴れ!原宿 全国ツアーファイナル20190607 / 幽玄テリトリー / Zepp DiverCity / 20190607

総括

若さあふれる客層。
そのためにメンバーが見たい景色やライブにならないような
もどかしさがあったりすると思います。
アンコールもまばらでひどかったです。

実際、私の近くの若い集団は
ムラのあるコールや、ステージを見ずに
友達と話したり、ふざけたりしてたりもしました。

それでも
「楽しー!楽しー!」
と言いながら、笑顔で飛び跳ねてたので
「これで良いよな」
と思いました。
私も一緒に飛び跳ねて楽しかったし

反対側にはおじさんも居て
堅実なmixとメンバーコールをしていて
「これも良いよな」
と思いました。
でも、もう少しおじさんが増えてもいいかな。

メンバーが見たいのは
フロアいっぱいのペンライト
地響きのようなメンバーコール
だと思いますが

フロアがうねるようなジャンプみたいな
天晴れ!原宿でしか見れない光景が
確実にあった。

天晴れ!原宿 2019/06/07 @Zepp DiverCity 全国ツアーFINAL

コメント

タイトルとURLをコピーしました