初めての握手は緊張します【眞島秀和(俳優)】

スポンサーリンク

こんにちは。まつです。

初めての握手会って緊張しますよね。特に次が自分の順番で前の人が握手をしているのを見てるのって緊張しますよね。その描写がマンガでしっかりと書かれてる握手会レポの紹介をします。

眞島秀和握手会レポ2019.09.09。

握手題材レポ

握手実況&解説

実況
実況

こんにちは。千手観音さんよろしくお願いします。

解説<br>千手観音
解説
千手観音

よろ。

 眞島秀和<br>さん
眞島秀和
さん

本日はお越しいただきありがとうございます。

ヲタク
ヲタク

あ、ありがとうございm・・・

実況
実況

ガッチガチに緊張していますね。

解説<br>千手観音
解説
千手観音

握手会なんてめったにない人なんじゃろうな。

ヲタク
ヲタク

だ、大好きです

 眞島秀和<br>さん
眞島秀和
さん

ありがとうございます。

実況
実況

何とかふり絞ってのひと言!!

解説<br>千手観音
解説
千手観音

時間感覚も分からんからのう。
元々は握手会はこれくらいの感じが正しいのかもしれんのう。

握手スペック

握手スペック
  • 握手ジャンル【応援】
    ➡眞島さんへの気持ちを伝えている
    (➡6種の握手ジャンルについて
  • ネタ【なし】
  • 得られた表情【優しみの表情】
    ➡レポより
  • 必要信頼度【☆☆☆】
    ➡そういう感じではない

【振り返り】手に残る握手の感覚

初めての握手会レポみたいで初々しいですね。実際の秒数とかはよく分かりませんが、何とか伝えたいひと言は伝えられたみたいですね。「大好きです」って。でも、重要な事ですよね。

ただ、ここで思うのは、握手会って会話がしっかりできなかったりしたとしても、握手自体はしっかりとできます。そういう点では確かな手ごたえが手に残るのでいいなって思いました。慣れてきちゃったりすると握手をしないで話してしまったりしてしまいますが。

握手会がある、ありがたさを再認識しました。

【改良握手】今回はなし

いや、もう今回はいいでしょ。

基本的に後になれば、「アレ言えば良かった」「こんな返しすればよかった」って出てくるのが握手会です。ただ、その場にいれば、時間の制限もあるし緊張するし、思わぬ返答だってくるので、そういう風にはできないってのが握手会です。

「大好きです」

これだけ言えたら、基本的にはあとはいいんじゃないって思いました。

眞島秀和さん調査

1976年11月13日生まれ。俳優。1999年にデビュー。多数の映画・ドラマに出演。最近では「おっさんずラブ」にも出演しています。

握手会は PHOTO BOOK 『MH』の予約購入特典のようです。


今日はここまで。

他人のレポって自分が忘れてしまった大切な事を思い出させてくれたりするので良いですね。

では、よい握手を。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました